Blog&column
ブログ・コラム

ハイブリッド車のバッテリーの種類について解説

query_builder 2022/02/01
コラム
25

ハイブリッド車のバッテリーは2種類あります。
バッテリーは長持ちしますが、万が一交換するときのためにも種類を知っておけば、購入がスムーズになるでしょう。
そこで今回は、ハイブリッド車のバッテリーの種類について解説します。

ハイブリッド車のバッテリーの種類について
■補機バッテリー
補機バッテリーは、ハイブリッド車の基本システムを起動するためのバッテリーです。
また、駐車するときのバックアップメモリーとしても使えます。
設置場所は、後部座席下やトランクルームにあることが多いです。
補機バッテリーには鉛蓄電池が使われていて、使用するたびに劣化するので3~5年が寿命です。
そのため、電池は定期的に交換する必要があります。

■モーターバッテリー
ハイブリッド車の電気モーターに電力を送るのが、モーターバッテリーです。
もしくは、駆動バッテリーまたはメインバッテリーとも呼びます。
モーターバッテリーは、コンピューターで制御されているのが特徴です。
電池はリチウムイオンやニッケル水素を使っており、容量が大きいです。
補機バッテリーに比べると長期間使えて、バッテリーが上がりづらいと言われています。

▼まとめ
今回は、ハイブリッド車のバッテリーの種類について解説しました。
バッテリーは上がってしまったり、故障してしまうこともあります。
対処に困ったときは下手にいじらず、専門店に見てもらったほうが確実と言えます。
当社では、ハイブリッド車の修理などをおこなっているので、お困りの際はいつでもご相談ください。
 

NEW

  • 出張交換作業承ります。

    query_builder 2021/10/06
  • コラムを発信していきます

    query_builder 2021/09/22
  • ブログを発信していきます

    query_builder 2021/09/22
  • リビルトハイブリッドバッテリーに不具合を生じさせないためのポイントを解説

    query_builder 2022/12/05
  • リビルトハイブリッドバッテリーを使える年数について

    query_builder 2022/11/03

CATEGORY

ARCHIVE